すぐに使えるビジネス文書を無料でダウンロード、ビジネスフリマで新しい取引先も見つかる!

■スタートページにする
Welcome to Supoon

 9月 (長月:ながつき) 

1

 二百十日(にひゃくとおか)

16 流鏑馬(やぶさめ)神事(鎌倉・鶴岡八幡宮) 
2   17  
3   18  
4   19  
5   20 彼岸の入り
6   21  秋社(しゅうしゃ)
7   22  
8 白露(はくろ) 23  秋分(しゅうぶん)
9  重陽(ちょうよう)の節句 24  
10   25  十五夜
11  二百二十日(にひゃくはつか) 26  彼岸の明け
12   27  
13   28  
14   29  
15 岸和田だんじり祭(大阪) 30  
       

  十五夜                         

 旧暦では、月の満ち欠けがそのまま日にちと関連しており、十五夜は必ず満月になる。

とくに、旧暦の八月十五日の夜には、一年でもっとも明るく美しい月が見れるとされ、昔から日本人に愛されてきました。

 旧暦の八月十五日に月見をする風習は、中国の中秋節に起源があります。そこから『中秋の名月』ともよばれるが、日本では、もともとこの日の月を「芋名月」といい、里芋を供える収穫祭があった。 中秋節が秋の収穫祭に重なり、いまにつづく月見の風習が生まれたとされます。

 中秋の名月のしきたりとしては、縁側にススキの穂を飾り、月見団子や里芋、薩摩芋、栗などを供えるのが一般的ですが、本来の意味からすれば、月見団子ではなく里芋がふさわしいといえますね。

 

 

 >> メニューに戻る

 

プリンタ用画面
投票数:74 平均点:3.51

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

ビジネス用語集
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

トピックス



 個人情報の取扱 |  会員規約 |  広告掲載について |  お問合せ |  運営会社 |  パートナー募集
Google Sitemaps用XML自動生成ツール